創業明治31年創業より引き継がれる技術、畳職人が1枚1枚作り上げる置き畳 ログイン カート
秋吉畳製造所

~ 選べる 見つかる 置き畳 オンラインショップ ~

   
 

 
 

置き畳 サンプル ボタン
購入前に、色合いや質感を 確認すれば安心です!

置き畳 サンプル ボタン小

 
 
 

(株)秋吉 HP

 

たたみの秋吉福間店HP


小国町商工会

Ameba Facebook Twitter Instagram
 
HOME»  ブログ記事一覧»  畳屋の名称の変遷

畳屋の名称の変遷

畳屋の名称の変遷

現在畳を作る職人は畳工、畳屋などの名称で

呼ばれることが多いですが

昔はどんな呼ばれ方をしていたのか

鹿島出版社から発行されている畳のはなしという本の中に

その変遷をたどる章がありました。

抜粋すると一番古い文献に出てくる畳職人の名称は

「畳差」と言われていたそうです。

それから「畳刺」 「畳大工」となり江戸時代に

「畳屋」と呼ばれていた記録があるそうです。

その後明治時代ごろに「畳職」この呼び名は昭和期まで続き

戦後「畳工」と呼ばれるようになり今に至るそうです。

古くから日本に根付いてきた「畳」に歴史を感じるとともに

継承されてきた文化を後世に伝えていかなければならないとも強く感じます。

2017-11-03 20:39:48

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント